Scotch Whisky

スコッチウイスキー

英国スコットランドで製造されるスコッチウイスキーは、高い知名度と人気を誇り、
種類も蒸留所の数も圧倒的に多く、世界一の生産量です。

スコッチウイスキー定義
穀類を原料として、酵母により発酵させ、アルコール分94.8度未満で蒸溜し、700L以下のオーク樽においてのみ最低3年以上熟成させ、最低でもアルコール40度以上を有するもの。
タイプ
モルト、グレーン
産地
イギリス北部にあるスコットランド地方で生産されています。
ローランド/ハイランド/スペイサイド/アイラ島/キャンベルタウン/アイランズ

Characteristic特徴

スコッチウイスキーの特徴は、麦芽(モルト)を乾燥させる際に燃やしたピート(泥炭)から煙る燻香を麦芽に移し、独特な薫り(スモーキー・フレーバー)をつけます。
この香りをピート香と言いますが、スコッチの銘柄によって香りの強弱に違いがあります。

スコッチと言えばシングルモルト 一つの蒸留所のみで作られる、モルト(大麦麦芽)だけで作られたウイスキーのことをシングルモルトと言います。
一つの蒸留所のみで作られているシングルモルトとは言え、瓶詰めするまでに同じ蒸留所内のお酒同士で混ぜられていたりするのはあまり知られていません。
その理由はウイスキーの製造方法にあります。
一定期間樽の中で熟成させるのがウイスキーなので、その熟成期間に、樽の香りを含んだり、味の深みが増したりと色々な変性が起きます。
そのため、同じ土地でつくられ、同じ年数の間、熟成されたウイスキーでも樽ごとの香味に差が出てしまうのです。
同じ蒸留所内の樽であっても、あえて混ぜることで味や香りのばらつきを抑え、安定した香味、度数を守っていくための工程です。
地域ごとに味や香りの特徴が異なるため、様々なスコッチのシングルモルトに挑戦してみてください。

MASTER'S ROOM マスターの部屋

MASTER'S
COMMENT

個人的にはスコッチが大好き。
スコッチウイスキーの美味しさを広めたくて会社を立ち上げたと言っても過言ではないくらいです。
ザ・マッカランはウィスキー初心者にも飲みやすく、初めてのウイスキーの方におすすめです。
アイラモルトのラフロイグは香りや味わいのクセが強く上級者向けですが、ウイスキーの味に慣れてきた方にはぜひチャレンジしてほしい銘柄の一つです。
当社が運営しているウイスキー50mlボトルネットショップ Dornoch(ドーノック)では試飲としては十分お楽しみいただける50mlで販売していますので、ぜひお試しください。