What's Whisky?

ウイスキーとは

木製の樽の中でじっくり長い年月をかけて貯蔵熟成するのが「ウイスキー」。 そのため深い琥珀色をしており、香りがまろやかで深いコクを持ちます。
それぞれの国によって原料、製法、熟成年数などが定められていますが、一般的なウイスキーの定義としては、
大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀類を原料として、糖化、発酵の後に蒸溜をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできるお酒とされています。

Types of Whisky

ウイスキーの種類

ウイスキーの原酒には、大きく分けて「モルトウイスキー」と「グレーン ウイスキー」の2つの種類があります。

モルトウイスキー
モルト(大麦麦芽)だけを原料にしてつくられたウイスキーです。単式蒸溜器で2回蒸溜してつくります。風味の個性が強いのが特徴です。その中でも単一蒸留所のモルト原酒のみでつくられたウイスキーを「シングルモルトウイスキー」と言います。一つの蒸留所でつくられてはいますが、同じ蒸留所内でつくられたウイスキーと混ぜ合わされていたりします。

グレーンウイスキー
トウモロコシなどの穀物を原料にしてつくられたウイスキーです。連続式の蒸溜機で蒸溜してつくられるため、酒質が穏和で軽やかです。

ブレンデッドウイスキー
モルトウイスキーとグレーンウイスキーを組み合わせ、味の調和を図ったものがブレンデッドウイスキーです。
それぞれに異なる味わいと魅力を持っています。

Top Five Whisky in the World

世界の5大ウイスキー

産地ごとに味わいが違う、それがウイスキーの魅力

世界的なウイスキー生産国として知られているのが、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本です。
この5カ国でつくられるウイスキーが、「5大ウイスキー」と呼ばれます。
これらの国々でつくられるウイスキーは、技術、品質、生産量などあらゆる面で優れており、
世界中のウイスキーファンを魅了し続けています。
産地によって「ウイスキー」の定義が細かく異なり、ウイスキー自体の味も産地による傾向の違いが現れます。